痛みの緩和について 多系統萎縮症掲示板 ☆ 神経難病・神経変性疾患フォーラム
神経変性疾患

痛みの緩和について

掲示板
多系統萎縮症

掲示板リスト 最新順 最新20件  この掲示板の管理人:まろ 掲示板管理

痛みの緩和について

まろ
(2012/12/01 16:19)No. 2968

初めて投稿します。50歳男性です。今年の5月にMSA−Pと確定診断されました。その後、進行の早さに驚いています。夏頃までは、30分くらいまでなら歩くことが可能でしたが、今は家の中を歩行するので精一杯です。病気の進行もですが、痛みが広がっていくのが憂鬱です。初めは右肩、右腰の局所的な痛みでしたが、足、首と次第に全身に広がりつつあります。主治医からは筋肉が固縮していくのが原因だと言われ、シャクヤクカンソウトウという漢方と湿布薬を出されていますが全く効き目がありません。多系統萎縮症は痛みを伴わないと聞いたこともありますが、どうなんでしょうか。痛みの緩和について何か情報があれば教えてください。

Re:痛みの緩和について Re:2968
puru(2012/12/05 00:29)No. 2970 削除


「死ぬまで寝たきりにならない体を作る」
という本を、腰痛の母の為に図書館で借りて一緒に読みました。

この本で、なるほどと思ったのは
「腰や手足を痛いからと言って動かさないでいると、
筋肉が固くなり、どんどん稼働領域が狭まっていく。」
ということで
いろんなストレッチや運動の方法を紹介しています。

この本読まれると参考になるかも知れないです。

筋肉は全身で繋がっているようなので
一部の筋肉が痛くてその部分をだんだん動かさないでいると
固縮していくというのも、理論的には分かる気がします。


激痛までいくようでしたら、一時的にはロキソニンがいいかも知れないですが
慢性的に服用するといろいろ問題が出てくると思います。

芍薬甘草湯も甘草が入ってるから、これも長期に飲まない方がいいですね。

MSA−Pと確定診断された鑑別内容も詳しく分かると
ここを見てる他の患者さんにも参考になります。


運動失調症や更年期障害ではないのか?について、診断はどうでしたか?

更年期障害の検査はされましたか?

Re:痛みの緩和について Re:2970
まろ(2012/12/05 21:22)No. 2971 削除

puruさん情報をいろいろとありがとうございました。「死ぬまで寝たきりにならない体を作る」早速、アマゾンで注文しました。主治医からはリハビリは適度にするように言われています。過度のリハビリはかえって筋肉を痛めたり、固くなると言われました。芍薬甘草湯も長くは出せないと言われています。5年前、脳梗塞を発症し、バイアスピリンを飲んでいます。そのため、潰瘍ができました。よってアスピリン系の鎮痛剤も飲めません。脳梗塞で入院中、「パーキンソン」の可能性を指摘され、抗パーキンソン病薬を試しましたが、効果なく「パーキンソン症候群」と言われてきましたが、MRIで線状体に変質が見られたためMSA−Pと確定診断されました。運動失調症は否定されています。更年期障害の検査はしていません。どのような検査なのでしょうか。更年期障害で運動障害、筋固縮などの症状がでることがあるのでしょうか。

Re:痛みの緩和について Re:2971
puru(2012/12/06 01:01)No. 2972 削除


「死ぬまで寝たきりにならない体を作る」の本はおそらく60才以上の方向けに書かれているような内容で
トレーニングも、その世代で無理がないくらい簡単なものでした。

まろさんの世代だと、この本のトレーニングは基礎くらいに思って
雑誌などでよく特集されているような
筋トレやストレッチの内容も組み込むくらいがいいかも知れないです。

youtubeとかで、筋トレ、ストレッチ、リハビリのキーワードで沢山出てきます。

更年期障害は、血液検査で分かるようです。
ぼくもあまり詳しくないですけど、
あちこちの体の痛みや自律神経失調症など、体の全てに影響を受けるみたいです。

近所の内科で、朝起きたときにぐったりする。
という症状を訴えたところ、
「最近アレはどうだ?」アレって何ですか?「アソコは元気か?」
などと聞かれ(笑)大丈夫だと思います。と答えたのですが。
最近は、若年性更年期障害が増えてるんだよ、一度検査してみた方がいい。
と言われました。

で、その後、大丈夫かどうかがやっぱり気になって(汗
もしかしたら元気ないかも。と考えるようになって
更年期障害の事も、ちょっとだけ調べたんです。

更年期障害をネットで見ると、ホルモンバランスが崩れるような事が書いてありますよね。

これのキーワードは、「成長ホルモン」なんですが
体のどこかが壊れたら、寝ている間に、この成長ホルモンが分泌されて、修復するようです。

若いうちは、傷や筋肉痛の治りが早いのも、この成長ホルモンの分泌が多いからで
潰瘍や腫瘍ができても治りにくいのは、成長ホルモンの分泌が足りてない?って事なんですかね?

今思ってるのは、成長ホルモンが足りなくなると、全身に影響するのだとしたら
この掲示板で扱ってるような、神経のトラブルも、成長ホルモンに関係しているのも多いんじゃないのか?
と思っているところです。

では、この成長ホルモンはどうやったら出せるのか?って調べて
アルギニンなどのサプリにたどり着きました。

サプリについては、そのうち投稿しようと思ってます。




掲示板リスト 掲示板作成 掲示板カテゴリー


[神経難病・神経変性疾患トップページ]