MRSA対策:H2ブロッカー危険 クスリ掲示板 ☆ 神経難病・神経変性疾患フォーラム
神経変性疾患

MRSA対策:H2ブロッカー危険

掲示板
クスリ

掲示板リスト 最新順 最新20件  この掲示板の管理人:ぷる 掲示板管理

MRSA対策:H2ブロッカー危険

ぷる
(2002/03/05 02:18)No. 212

うちの親父の痰を調べたところ、MRSAに感染しているらしい。
MRSAの性かわからないけども
常時7度くらいの熱で、しょっちゅう8度、9度の熱を出している。

で、要因をいろいろと調査している。


★H2ブロッカー危険

胃酸の分泌を抑える薬、H2ブロッカーを使っていると
MRSAなどの感染が余計に起こりやすく重傷になるおそれがある。

これは、胃の中のpH(ペーハー)が4~6に上昇すると
グラム陰性菌などが胃内で増殖するかららしい。

わかりやすく言うと
胃の中に入った食物は、胃酸の分泌によって
分解され栄養として消化されていくわけだけど
それが分解しにくい環境になると食物は腐敗し、菌が増殖する。

例えば、生ゴミ。
生ゴミは、最初のうちはばい菌が少なく臭くないが
腐食していくとどんどん菌が増え臭くなっていく。

情報力の少ない医者だと、MRSAや熱が出ると
抗生物質などを常用させられてしまう。。
これに、このH2ブロッカーが加わると最悪の結果になる。。

MRSAなどで、死亡する例のほとんどは
こういったことが対処されてなかったからじゃないだろうか?

Re: MRSA対策:十全大補湯で消滅 Re:212
ぷる(2002/07/30 11:09)No. 230 削除

> うちの親父の痰を調べたところ、MRSAに感染しているらしい。

昨年11月頃より、十全大補湯で免疫力をあげることに期待した。

今年7月、血液検査をしたところMRSAは見あたらないとのこと。

一時的なのか知らないけど、消滅している模様。

漢方の目的はあとは、脳の血流改善対策。

H2ブロッカー危険 Re:230
ぷる(2002/10/06 15:38)No. 245 削除


「胃潰瘍の治療薬であるヒスタミンH2遮断薬は、元来、血液脳関門を
越えて脳内にはほとんど入らないか、あるいは極めてわずかしか
浸透しないとされてきた。
しかし、高齢者でしばしば無症候性の小さな多発性脳梗塞が存在し
そのために一部血液脳関門が破壊されており
これらのH2遮断薬が脳内に作用し
そのためにパーキンソニズム的、あるいは鬱病的な症状を呈し
痴呆と類似した症状を示す場合がある。
早期にH2遮断薬を中止すれば、患者は比較的早期に元気になる。」

*内科医のための臨床痴呆学 医学書院より

Re: H2ブロッカー危険 敗血症 Re:245
ぷる(2002/11/29 20:12)No. 249 削除

寝たきり-ストレス-胃酸過多
なんて安易な発想をするバカ医者がいかに多いか。

H2ブロッカーは、必要なときだけ飲む薬で
毎日飲む薬じゃない!!


http://www.naoru.com/haiketusyo.htm

細菌に感染して、症状が全身に及んだ状態を敗血症と言う。

細菌そのものが血液中に無くても、細菌から出る毒素
野それに影響された体の種々の物質(これらをサイトカイ
ンという)が全身に回って肝臓や腎臓、肺など重要な臓器が
おかされて重い症状を引き起こす。
例えば、肺だと強い呼吸困難、腎臓だと腎不全などが起き
る。病原性大腸菌O-157で有名になった溶血性尿毒症症候群
(HUS)は敗血症では無いが、赤血球が壊されたり腎臓
が障害を受けたりする。これはO-157が出すベロ毒素という
毒素のせいである。
院内感染を引き起こすメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(M
RSA)でも、単なる腸炎かと思っていたら、あっという
間に脱水を伴い、ショック状態になることがある。肺の状
態が急激に悪化し、肝臓や膵臓、腎臓までやられることも
ある。
肺炎でもないのに、肺が悪くなり、呼吸困難が強くなって
いく成人呼吸窮迫症候群(ARDS)という状態に陥るこ
とも多い。このような合併症を起こすといずれも死亡率が
高い。
“ごく簡単な手術だ”と勧められて気軽に手術を受けて手
術自体は成功したが、MRSAによる腸炎を起こし、その
後敗血症からARDSになる例もある。腹部の手術後に胃
酸を抑える薬『H2ブロッカー』を使うと、感染はよけいに
起こりやすく、重症になりやすい。




掲示板リスト 掲示板作成 掲示板カテゴリー


[神経難病・神経変性疾患トップページ]