大脳皮質核変性症が悪化 大脳皮質基底核変性症掲示板 ☆ 神経難病・神経変性疾患フォーラム
神経変性疾患

大脳皮質核変性症が悪化

掲示板
大脳皮質基底核変性症

掲示板リスト 投稿順  この掲示板の管理人:tomo 掲示板管理
Re:Re:父、4/14永眠 Re:2148
やまきた(キタキツネ)(2011/05/12 16:29)No. 2517 削除

、初めまして やまきた(キタキツネ)ともうします。
先ずはtomoさんお父様のご冥福お祈りいたします。

私 やまきた(キタキツネ)の愚妻(宇宙人)も約8年前にCBDと言われて
3年で失語、右半身筋固縮、で4〜5年で寝たきり、現在は在宅介護生活
久しぶりに此の板を見させていただき前出の くみばーばさんのスレを見て
Reにて書き込みさせて貰いました。
 
 tomoさんも介護関係のお仕事をされながらのご両親のお世話大変だったでしょう、むかわれ(法要)も過ぎ少しは落ち着かれた事と思いますが御自身、
お母様の健康管理に気をつけて下さい。 合掌

 最後に くみばーばさんも此方に来られていたのですね吃驚しました。
        やまきた(キタキツネ) 

Re:父、4/14永眠 Re:2133
くみばーば(2010/07/02 20:39)No. 2148 削除

tomoさんご苦労様でした。お母さんを大切に!大脳皮質基底核変性症という難病の情報のなさに戸惑っている中tomoさんがこのページを立ち上げて下さって感謝します。多くの人たちが同じ気持ちだと思います。私も主人のために時々このページを訪ねてみようかと思います。主人も定年マジカの年齢でこの病気を発症してしまい家族みんな戸惑っています。個人差もあるんでしょうが先々どうなるのか・・・本人がなるべく苦痛を感じることなく落ち込むことなく過ごしてほしいなと思いますが・・・・

Re:父、4/14永眠 Re:2133
みち(2010/06/21 23:03)No. 2146 削除

ご冥福をお祈りいたします。

初めての投稿です…

昨年12月に、私の父も大脳皮質基底核変性症と診断されました。
慣れないパソコンを使いながら、必死でいろいろ調べました。
どうして…父が…と いろいろな思いの中で、たどりついた
tomoさんの お父様のお話。

とても参考になりました。
私にとっては、本当にありがたかったです。

父だけじゃない、私達だけじゃない、みんな病気と向き合って
頑張っているんだ…と励まされました。
ありがとうございました。

私の父は3年前に右手が震えて動きにくくなったのがはじまりです。
何件も病院に行ったけど異常なしと診断され…
やっと最近病名がわかりました。

今、まったく右手が使えません。
右足も動きにくくなり…最近よく転倒します。
自分では起きあがれません。
転倒が怖くなり、ますます歩かなくなったので筋肉も衰えている感じで
悪循環です。

母が仕事をしているので
介護保険の週3日のリハビリ以外は 自宅で寝て過ごしています。
何とか気分転換に 何か出来たら良いのですが…

以前1人でいる時に転倒し、母が帰るまで変な姿勢のまま3時間
起きられず つらい思いをしたので、父は1人の時は動こうとしません。
 

私とは家が離れているので、月に1.2回会いに行っています。
会う度に進行しているのがわかり、つらいのですが…
私の父も 孫(小2)には笑顔を見せます。
父が笑うと、私も少しホッとして…うれしくなります。
私も出来る限り 父にいろいろしてあげたいです。

tomoさん、お父様。 ありがとうございました。

Re:父、4/14永眠 Re:2133
ビッケ(2010/06/18 21:10)No. 2142 削除

ご冥福をお祈りいたします。

言葉はわかるけど相手の言葉がわからない
一番つらいです。父も最近は自分から話そうとはしなくなりました

父、4/14永眠 Re:2021
tomo(2010/06/11 22:49)No. 2133 削除

2010年3月頃より、肺炎・入院、在宅、入院を繰り返し、3/30に退院したのに、また4/1発熱、酸素量が減り緊急入院、抗生物質点滴にて4/11には症状安定、在宅は無理・・・かと主治医に言われ、療養型病院をさがしました。
4/14、転院先を決定し地域連携室に言った午後3時より、呼吸苦、血圧減が現れ、今晩あぶない。。。と主治医の判断。
家族は病院に行きました。酸素は10Lに増え、呼吸も荒く苦しそうでした。
意識はほとんどなく、でも呼吸を一生懸命しようとしている姿に、人間の本質を見た思いです。人は無意識でも生きようとする・・・と教えてもらいました。
午前3時、痰吸引に来た看護師が、呼吸が浅くなっています、もうあまり時間はないと思います。と言い・・・4/14 4:08永眠しました。
私たちから見れば、呼吸苦があったように思いますが、医師曰く、酸素10Lも入れていれば、身体にはCO2がたまり、意識は朦朧、痛い・苦しいも感じない域だと・・・
気管切開しますか?と聞かれましたが、PEGだけでも父は落ち込んだので、これ以上、管をつなぐのはやめにしました。
1年半、寝たきり生活でしたが、やっと楽になったかな、と思っています。
介護していた母は、ぽっかり穴があいてしまったようで、元気がなく、週に1.2回行くのが、せめて私にできることです。
介護しなくてよくなったんだから、自分を楽しめば・・・と思っていましたがし、母本人もこれからは自分の人生を楽しんでいくわ。と言っていたけど、穴はなかなか埋めれそうではありません。
死んだ人はどこに行くのでしょうか?
何もかもなくなってしまったのでしょうか?
難病で苦しんでおられるご本人様・ご家族様、お疲れのでませんように・・・
また、むやみな存命処置は、いかがなものか、と、考えていきたいと思っています。
PGGや気管切開・・・必要か否か、家族のあり方で変わると思います。
最期に良かったと思える終末を探したいものです。
皆様に幸あれ。

胃ろうについて Re:2017
tomo(2009/12/07 23:06)No. 2021 削除

勤務先関係の訪問看護ステーションの看護師さんに聞きました。

胃ろうが必要な人は、
やりたい事がある人、
好きな事がある人、
生きる楽しみのある人、
には、した方がよい・・・
と。

又は、家族が冷たくなってほしくない!という思いが強い場合、
のみ有効だと。

それ以外は、勧められても、患者自体のしんどい時間を延ばすだけだから、
私は勧められない・・・と。

口から食べなくなると、口を動かしていた脳の部分、働いていた食道器官も弱るから、胃ろうをして元気になるケースはない・・・と。

私の父はまさに後者です。
デイに行っていてまあまあ元気だったけど、食べられなくなり、
医者から胃ろうを勧められ、
前のように、栄養さえ摂れれば元気になる・・・
と一つ返事でOKしてしまいました。

その結果が、今は寝たきりの悲しく辛そうな父の姿です。

そして、胃ろう用のラコール寒天を一日四回作り注入し、
洗浄している、介護疲れの母の姿です。

胃ろうをしない方がよかった・・・が、後の祭りですが、
私の意見です。

皆様も、よくお考えになって、
患者の苦しみが長くならないように・・・
祈っています。

パーキンソン症候群とは違うらしい Re:2009
tomo(2009/12/01 22:59)No. 2017 削除

胃ろうに関しては、父の辛い時間を増やしただけのような気がしています。

>胃ろうについては、あの器具と仕組み自体がダメだと思う。
>
>器具も、もっと体に優しくて、固くないモノを作れるはず!
>メーカーも医療の現場もサボってて患者の立場になって考えてないから
>もっといいものが出てこない。
>何年も同じものだけだったからたぶん作ろうともしてない。
>
確かに胃ろうの管は患者にとっては邪魔なものでしかなく、父も気になるようでいつも近くに手を置いてしまいます。

結構な大病院で造ってもらったけど、交換の時に胃ろうをあまりしたことがない医師に当たってしまい、ずっと父はお腹が痛い痛いと言っていました。

なので、往診の先生に言ったら、交換してくれました。ただ、交換後の胃ろうの先が細すぎて、なかなかうまく栄養剤や薬が入りません。

皆、医師は患者の気持ちになって改良しているのでしょうか?
辛い気持ちを患者が持っても平気なのでしょうか?
医師は患者を助ける為に居るのではないのですか?と言いたくなる・・・

父はずっと元気で働いていて、皆を元気にさせてくれる人間で・・・

今は、意識が明瞭だから、辛い状態だと思います。
日曜日、娘と父母の家に行ったら、父はぐっすり眠っていました。SSRIが効いているようです。薬がなければ体中が硬くなって眠ることもできません。

パーキンソンや症候群の方々へ。本人が一番辛い病気です。体が硬くなることは薬で楽になります。

きちんと薬を処方してくれる医師についてくださいね

パーキンソン病は100例診たら論文が書けて、それ以上診たら、
あまりに例外が多すぎて何も書けなくなるそうです。
この掲示板で医師がわからない部分も意見交換できたら・・・と思います。この薬が効いたとか、介護者はこうしたほうがいい、とか・・・

大脳皮質基底核変性症も進行性・・・症も、パーキンソンとは違う病気だという研究がなされているようです。

脳のことなので一くくりにはいかないでしょうね
パーキンソンに効くマドパーなんて、全く効き目はないですから

難病は難しいですね
どの薬が効くかもわからず・・・変わっていく身内をみていくのは悲しいだけです。

はやく解明されて、介護者が楽になるように・・・と思っています。

父の状況 改行しました Re:2014
tomo(2009/11/30 20:15)No. 2016 削除

連続で打ってしまい、すごく見づらいので改行します。

>puruさん、助言ありがとうございます。

>食事のときはベッドを30度くらいしか上げていません。掲示板を見てその日もう少し上げてみたら?と言ってみましたが、あまり上げると胃の部分がくぼむようでしんどそうに思うから・・・と母は言いました。

リハビリでは車椅子に乗せてもらうようにはしています。・・・が、かなりリハビリをしてからでないと乗せにくそうです。

私の介護関係の高齢者住宅では介護5の人でも寝たきりの人は作らないようにデイ・デイケアに車椅子で行き、食事も食事室でとるようにしています。
(敷地内に全てがあるので可能なのでしょうが。。。)

ヘルパーも常置しているので、他人との接触も多く、私の父親と比べると幸せそうに見えます。

父は胃ろうを08/11月に造った時から一気に体力・気力も落ち、なかなかデイに行ける状態ではなかったのですが、今年6月頃少し良くなったのでデイケアの体験に行きました。
しかし、次の週に肺炎を起こし入院、点滴のみだったので入院によりまた体力が落ち、その後は自宅で訪問看護・訪問リハビリ・訪問入浴・往診を受けています。
また、デイを勧めているのですが母はあえて外に出てしんどい思いするより家で一緒にいてあげたい・・・と言います。
私は今の父も母も幸せには見えないので外に出てもらいたいのですが・・・

母も父も人に迷惑をかけるのが嫌なタイプで、車で迎えにきてもらって、入浴してもらって、胃ろう注入してもらって・・・という事がなかなか受け入れられない様です。
私は上記のように皆もっと笑ったり挨拶したりお父さんより状態の悪い人でもしてるよ、と勧めるのですが・・・

>父は、死に向かうことしか頭にない・・・と母は言います。発音できていないあーあーあーという声が母には微妙に違い、言葉に聞こえるらしいです?

>お経を唱えていた・・・とか、おかあさん・・・と呼ぶのが母ではなく父のお母さんを呼んでいるいるようだ・・・とか・・・私は、母が疲れているんだと思います。
寒天ラコールを四回入れ、晩も痰の吸入に二度ほど起き・・・。私の勧めで往診の先生にお父さんが鬱っぽいと話して薬をだしてもらうようにしました。

先生はきちんとルボックス(SSRI:京都宇多野病院の治験でも使われている)をだしてくれました。その後、少し父は楽になったようです。
母にもマイナスの言葉は使わない方が二人にとってもいいよ、と伝えています。なかなか、何が正解か不明ですが、父母とも辛い時間がすこしでも少なくなれば、と思っています。

昼から娘と父母の家に行きます。少しでも良いことがありますように・・・

>皆様も頑張って?幸せでいてください。

Re:Re:父の状況 Re:2009
tomo(2009/11/29 10:14)No. 2014 削除

puruさん、助言ありがとうございます。
食事のときはベッドを30度くらいしか上げていません。掲示板を見てその日もう少し上げてみたら?と言ってみましたが、あまり上げると胃の部分がくぼむようでしんどそうに思うから・・・と母は言いました。リハビリでは車椅子に乗せてもらうようにはしています。・・・が、かなりリハビリをしてかでないと乗せにくそうです。私の介護関係の高齢者住宅では介護5の人でも寝たきりの人は作らないようにデイ・デイケアに車椅子で行き、食事も食事室でとるようにしています。(敷地内に全てがあるので可能なのでしょうが。。。)ヘルパーも常置しているので、他人との接触も多く、私の父親と比べると幸せそうに見えます。父は胃ろうを08/11月に造った時から一気に体力・気力も落ち、なかなかデイに行ける状態ではなかったのですが、今年6月頃少し良くなったのでデイケアの体験に行きました。しかし、次の週に肺炎を起こし入院、点滴のみだったので入院によりまた体力が落ち、その後は自宅で訪問看護・訪問リハビリ・訪問入浴・往診を受けています。また、デイを勧めているのですが母はあえて外に出てしんどい思いするより家で一緒にいてあげたい・・・と言います。私は今の父も母も幸せには見えないので外に出てもらいたいのですが・・・母も父も人に迷惑をかけるのが嫌なタイプで、車で迎えにきてもらって、入浴してもらって、胃ろう注入してもらって・・・という事がなかなか受け入れられない様です。私は上記のように皆もっと笑ったり挨拶したりお父さんより状態の悪い人でもしてるよ、と勧めるのですが・・・
父は、死に向かうことしか頭にない・・・と母は言います。発音できていないあーあーあーという声が母には微妙に違い、言葉に聞こえるらしいです?
お経を唱えていた・・・とか、おかあさん・・・と呼ぶのが母ではなく父のお母さんを呼んでいるいるようだ・・・とか・・・私は、母が疲れているんだと思います。寒天ラコールを四回入れ、晩も痰の吸入に二度ほど起き・・・。私の勧めで往診の先生にお父さんが鬱っぽいと話して薬をだしてもらうようにしました。先生はきちんとルボックス(SSRI:京都宇多野病院の治験でも使われている)をだしてくれました。その後、少し父は楽になったようです。母にもマイナスの言葉は使わない方が二人にとってもいいよ、と伝えています。なかなか、何が正解か不明ですが、父母とも辛い時間がすこしでも少なくなれば、と思っています。昼から娘と父母の家に行きます。少しでも良いことがありますように・・・
皆様も頑張って?幸せでいてください。

Re:父の状況 Re:2006
puru(2009/11/25 01:21)No. 2009 削除


>今は、ラコールだと喉に戻ってきて肺炎になってしまうので

逆流について、一応確認なのですが、
食事をしている時、ベッドを上げてますか?
何度が適切かは本人の体の状態にもよるのかも知れないですが
45度くらいかな?

車椅子に乗る機会が1日無いような状態だったら
食事の時ぐらい、車椅子に乗せてもらってください。


胃ろうについては、あの器具と仕組み自体がダメだと思う。
外気からのウィルスや埃のフィルター無しに
ダイレクトに気管に空気を吸い込んでいるから
当たり前のように痰は多くなると思う。

器具も、もっと体に優しくて、固くないモノを作れるはず!
メーカーも医療の現場もサボってて患者の立場になって考えてないから
もっといいものが出てこない。
何年も同じものだけだったからたぶん作ろうともしてない。


>遺伝性はない・・・とは、医師に聞きました。

これについては、どれかのスレッドにも書いたけれども
医師の勉強不足。もしくは説明不足。

顔が似ること。性格が似ること。体質が似ること。
体の内臓や脳の形も似ること。

これがが遺伝と言うのであれば、
病気になりやすい体質も似ているということになるはず。

怒ったり、一人で考え込むと、血流や脳内のホルモンの分泌に影響してくる。
これらの感情に関わる性格も当然遺伝の要素を持っており
神経難病、神経変性疾患を引き起こす一因となっている。

遺伝性あり、という言葉は100%の意味ではないはず。

100%の事を遺伝というなら、コピー人間以外あり得ないし。

神経難病、神経変性疾患は、ウィルスなどの外因性の要素がある可能性もあるにしろ
疾患を引き起こす遺伝の要素が複数ある場合、遺伝性ありと言うのが非常に分かりやすいと思う。

しかし、患者は弱い立場にあるから
遺伝だ。と言う事は
諦めさせることに繋がってしまう宣告みたいな言葉でもあると思う。

父の状況 Re:1967
tomo(2009/11/19 22:00)No. 2006 削除

今は、ラコールだと喉に戻ってきて肺炎になってしまうので、ラコールを寒天で固めています。初めは入院時、ハイネゼリーをくれたのでそれを使っていましたが、一個300円一日1200円、月36000円かかるので、ラコールを固めるようにしました。大変です。母がしているのですが、一日4回注入してシリンダー6本を洗い・・・を4回はしんどそうです。母は、最近になって始めた頃はしんどかったわ・・・と言います。始めたのは10/28からです。週3回ほど実家に寄って居ますが心配させないようにしんどいときは母は言わないんですよね・・・。でも、母は、私が寄ってくれるから息抜きできていると言ってくれます。
しかし、胃ろうがよかったのか否かが今も母も私も疑問です。
胃ろうなんてなくて、点滴だけだと、逆流もなく肺炎にもなりにくいし、今、父が苦しんでいる痰の吸入もないんじゃないかと思います。
父は毎日苦しいだけの日々を過ごしています。脳梗塞のようにリハビリしたら長嶋さんのように回復するなら頑張れ!と言えますが、父の場合は、意識はしっかりあり、弱っていく自分の姿をを見て悲しくなるばかりのようです。
PURUさんが言っていたように、胃ろうはやめておけばよかった・・・とか思います。辛い日が長くなるだけなので・・・
この掲示板をご覧になっている方々も胃ろうを勧められても難病ならしないほうがよいような気がします。
私は介護事務をしているので、色んな要介護の人を見ていますが、特定疾患なしで胃ろうをしている人は、血色も良く胃ろうの効果が見られます。
でも、難病患者には不向きです。苦しい時間をのばしているだけです。
この場をお借りして、難病には胃ろう、気管切開は無用だと、私の経験ではお伝えしたいです。
病気には色々あるでしょうから、鵜呑みにはしないで下さいね。ただ、私の経験を書いているだけなので・・・
皆、幸せな時間が過ごせますように・・・

Re:Re:Re:気になること Re:1949
tomo(2009/09/28 13:29)No. 1967 削除

誰の成年後見人ですか?父には、母、子供(私を含め3人)がいます。
リフラノンは高価なので、次は寒天にチャレンジです・・・
注入器も結構高価だし・・・難題です・・・

Re:Re:気になること Re:1944
ビッケ(2009/09/16 12:40)No. 1949 削除

こんにちは、
ありがとうございます。
そうですか。父に性格が似ている気がします。
父もなんでも相談なしで決めます(母に相談せずにいきなりピアノを契約したこともあったそうです。いきなり届いて驚いたそうです。)。自然番組大好き(田舎に泊ろうも)。文章の読み書きが苦手です(私そっくり)。
実は、私も幼い子供が居るのですが妻が自閉を疑っておりまして
今まで自分の親だけだったのに違う環境で育った方が加わると
別の視点から見るようで・・・。
自閉症は、色々個々に特徴はあるのですが決まっていることはあるのですよ。
自閉症は、遺伝します。おそらく私もそうだと思います。上の事は私にも当てはまりますから。

成年後継人制度は、利用されてますか?

Re:気になること Re:1937
tomo(2009/09/07 21:32)No. 1944 削除

遺伝性はない・・・とは、医師に聞きました。しかし、訪問リハビリの担当医は、お父さんは内向的でしたか?とか聞きます。。。?それには、『いいえ、誰とも明るく大きな声で話す元気で常に前向きな父でした』とは答えましたが、文章を話すのは苦手・ドラマより自然っぽいTVを好んでいた・人と相談して決めるタイプではなく自分で決定する・考えている事がわかりにくい(表現豊かに話すタイプではない)・・・などはあります。
私もどちらかというと、自分で決めて自分で進むタイプなので似ているかも?です。。。ただ、女だし、おしゃべりはするし、仕事上、多くの人とたくさん話す職場なので話すと言う左脳は使っているとは思います。本来は父も私も右脳的なんじゃないか・・・とは思いますが・・・
周りからはよく男に生まれてきたら良かったのに・・・と言われています。。。
どこまで解明されているのでしょうかねぇぇぇ???使う脳との関連は・・・
今は、父の栄養物、ハイネゼリーからラコール+リフラノンに変える作業で手一杯です・・・少なくとも父の親類にはパーキンソン関連の人は居ません。ピッケさん、異常があるなら早めに受診したほうが良いと思います。
他の病気かもしれないっし。とにかく、元気な人もいつどんな病気になるかは不明です。リハビリをしてもよく効く人と効かない人が居るように、本当に一概には言えない状況なのかな?と思っています、人間の生き様自体が・・・

気になること Re:1935
ビッケ(2009/09/05 16:45)No. 1937 削除

実は、最近父と同じ症候群の方が近所に居る事がわかりました。
この病気の原因が、何か知りたい。
直径家族として遺伝も心配です。
現に最近気のせいかもしれませんが、左側の足と腕の動きに違和感を感じる時があります。

私が父に思い当たる事は、父が幼いころに大きな交通事故の経験があることです(頭を打ったそうです)。また、自閉症の家系じゃないかとも思っております。

Re:Re:Re:Re:クエン酸+コエンザイムQ10 Re:1930
ビッケ(2009/09/05 13:31)No. 1935 削除

皆様、ありがとうございます。
母も落ち着いたようで、もう一度自宅介護をやってみるそうです。

ただ、現時点での国の医療方針は病院は治療する(治る見込みのある)方のみですので、長期の入院は不可です。
老健も基本は同じです(自宅に戻る為のリハビリの場)。

Re:Re:Re:クエン酸+コエンザイムQ10 Re:1928
tomo(2009/09/02 21:50)No. 1930 削除

ありがとうございます・・・本当にpuruさんは優しいですね・・・介護や社会福祉士になってのご活躍を期待します。
痩せるのは看護師に相談します。きっと摘便していれば内容がわかっていると思います。
私の近くの訪問看護ステーションの方々も本当に患者の事を医者よりもわかっています。肺炎も医者より早くに発見したりするっし。。。
クエン酸・コーキューテン試します。。。本当に早速の返信ありがとうございます。進む果てのない迷路に迷い込んだようで・・・同じ状態の人達のアドバイスがありがたい限りです・・・本当にありがとうございます・・・

Re:Re:老健か療養型施設か Re:1927
totmo(2009/09/02 21:42)No. 1929 削除

早速のご返事ありがとうございます。
私も母が病気になって介護者がいなくなったら父はどこに行くんだろう?と考えます。おかしいですよね、病院が引き受けてくれないののは・・・
皆、病気なんですよ。点数減ってもみてくれるところは老人病院=古ーーい病院なのだけでしょうか?おかしいよね。そんな社会?怒りは起きる・・・
老健も特老も、夜中なんて1回か2回だよ、見回りは・・・
その間に痰がからんだり、しても。。。あーすみませんでした・・・で終わりだよ
難しいですよね・・・介護者副担当としては・・・
うちは、ラコールにザラチンを足す方法をためしてみます。ゼリーは月:36000円くらいするし、ゼラチンならラコール+15000円くらい・・・
母は疲れているから、ゼリーにしてあげたいけど、出費がかさむなら試してみようかな・・・と5日に実験してみます。
お父様・お母様に福多かれ・・・

Re:Re:クエン酸+コエンザイムQ10 Re:1925
puru(2009/09/01 23:37)No. 1928 削除

>父は、どんどん痩せていっています。

それ、カロリーが足りていないので
ちょっとカロリーを上げて欲しいと看護士に相談するといいです。

うちの父も同じだったので、カロリーを上げたら改善しました。

>父の消化器官は働いているのか?調べる方法はあるのでしょうか?様子をみていると消化されているのか疑問・・・です。

腸が働いているかどうかは、聴診器でグル音が聞けるかどうかで
わかるので、胃の働きについても含めて
担当の医師か看護師に聞くといいです。

で、便が毎日出ているかどうか、ガスでお腹が張っていないか?
については重要なので、要注意して下さい。

あと、胃腸の働き。
車椅子に毎日乗る習慣になると、改善します。
これは、ケアマネを含めて相談する必要があると思います。

>クエン酸は以前puruさんが書いていらっしゃったので、私も母も飲んでいます。毎日ではないので、毎日飲むように、+コエンザイムも試してみます。父にも試してみます。体がすっきりする感じですよね!

コエンザイムQ10 心臓をキーワードに検索すると
もともと心臓病の薬のようで、
心臓の筋肉を元気にしてくれるようです。

寝たきりになると、心肺機能が低下するから
脳の血流にも影響がでるだろうと考え
コエンザイムQ10みたいな補酵素は、
難病患者にはいいんじゃないかと思っています。

Re:老健か療養型施設か Re:1922
puru(2009/09/01 23:19)No. 1927 削除

現状、難病患者と介護者にとっては全滅。

ほんの少しの思いやりがあればいいのに。
死亡させないために
最低限やるべき事って限られているのに、それすらサボってる。

暴行事件も起きるし
いったいどこに怒りをぶつければいいんだ?

そんな感じです。



次の 20 件>

掲示板リスト 掲示板作成 掲示板カテゴリー


[神経難病・神経変性疾患トップページ]